暴力表現の青少年への影響 先行研究の傾向など調査

文科省は8月18日、青少年を取り巻くメディアと意識・行動に関する調査研究報告書を公開した。メディアによる暴力や残虐な表現が、青少年に与える影響に関して、直近10年以内の各国の先行研究の文献調査を中心に分析し、傾向をまとめた。また、専門家へのヒアリングも実施した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。