オンラインで化学実験 バーチャル実験教室が公開

オンラインで化学実験を体験できるシミュレーションサイト「バーチャル実験教室」を、BASFジャパン㈱がこのほど公開した。同サイトでは「甘くなるパンの秘密を探ろう」「汚れた水をきれいにしよう」「赤い色移りのなぞを解き明かそう」の3つの実験を体験でき、子供は楽しみながら化学の世界に触れられる。

バーチャル実験は、研究所の建物内に入り、試したい実験室に進むところからスタート。例えば「赤い色移りのなぞを解き明かそう」では、洗濯物の色移りを防止する洗剤成分がどのように作用するのか、指南役を務めるキャラクター「マルコル」の指示に従い、実験に使用する器具の選択、実験、後片付けまで、一連の作業を体験しながら学べる。

メニューには実験のほか、アニメーションによる化学変化の説明や、確認テストなども用意されている。

同サイトは、ドイツのBASF社が平成9年から世界各国で実施している「子ども実験教室」の拡張版としてリリースされた。「子ども実験教室」は6歳から12歳の子供を対象に、シンプルで安全な実験を通じて化学の魅力を知ってもらうための教育プログラム。日本では15年から開催し、これまでに4千人以上の子供たちが参加している。