児童が自治体の在り方を提言 とやま県議会

富山県は、県内13市町の小学生が子供議員になり、地域の将来などについて話し合う「子どもとやま県議会」を8月24日に、県議会議事堂で開く。安心、活力、未来、心の4テーマの委員会を設け、提案や大人たちに応援してほしい点を訴える。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。