ICタグで小学生の登下校管理 奈良市で導入

奈良市は9月1日から、小学生を対象に通信機器を利用した見守りシステムを導入する。学校・保護者・地域のマンパワーでの見守り活動に加え、通信システムの活用で、子供たちの安全確保について強化を図る。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。