自殺予防週間で学校に依頼 連携した見守りや相談強化

文科省は、9月10日から行われる「自殺予防週間」を踏まえ、学校での子供たちの相談体制や早期発見の取り組みを都道府県教委などに通知で依頼した。「24時間子供SOSダイヤル」の周知や保護者への家庭での見守り、教職員による駅や踏切での集中的な見守り活動なども要望する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。