待機児童解消に向け1397億円 厚労省が概算要求

厚労省は8月25日、平成30年度予算の概算要求を公表した。待機児童解消に向けては、保育の受け皿拡大・保育人材の確保に1397億円を計上。また児童虐待防止対策の強化・社会的養育の充実に1512億円、子供・若者の自殺対策の推進などに35億円を要求した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。