夏休みの自由研究など 親子の科学的な対話の機会に

文科省の「科学技術週間の取組等に関する検討会」は、第3回会合を8月28日に同省で開いた。同週間での新たな実践として、委員らは、全国の地域振興を視野に入れた「科学の名所100選(仮称)」や親子の科学コミュニケーションの在り方についてアイデアを出し合った。「親が子供の夏休みの自由研究などに関わる機会を肯定的に捉え、良い親子交流を促すための事例をHPなどで公開する」などが提案された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。