最大で年9600億円の削減効果 学校の集約化で試算

内閣府は、学校などの公共施設の集約・複合化による財政効果の試算に関する調査をこのほど明らかにした。試算では、日本全体で年額約3800億円から9600億円のコスト削減効果が見込まれるとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。