教員の大学院での研鑽求める声も 教育振興基本計画

中教審の教育振興基本計画部会は8月28日、第16回会合を文科省で開いた。委員は、第3期教育振興基本計画(平成30から34年度)における5年間の教育政策の目標と、主な施策群のロジックモデルや素案への意見を出した。「通常の学校教育での個々に応じた多様な指導」「子供たちのボランティアマインドの育成と教育の充実」「教員の大学院での研鑽」の記載などを求める声があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。