高校生への修学支援 保護者や生徒のニーズを示す

高校生等への修学支援に関する協力者会議は8月31日、第4回会合を文科省で開いた。子供の貧困の実態調査から分かった、保護者や生徒、都道府県、学校などのニーズと課題が示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。