15歳は20代の結婚・出産を希望 21世紀出生児縦断調査

厚労省はこのほど、21世紀出生児縦断調査を公表した。平成13年生まれの子供は、20代で結婚や出産をしたいと考えている傾向が明らかとなった。また、22年生まれの子供の母親は、仕事を持つなど、社会への進出が広がっている傾向がうかがえた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。