国語・理科で課題浮き彫り 広島県が独自調査公表

広島県はこのほど、同県が独自に実施している学力調査、「基礎・基本定着状況調査」の速報を発表した。基礎・基本を問う問題では中学校理科に、活用を問う問題では小学校算数を除く対象教科で課題があるとした。また、質問紙調査では、小・中共に社会の出来事や事件などに関心を持つ児童生徒が増加している傾向が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。