3年間で課題も解消傾向に 小中一貫校の状況を比較

9月5日に文科省が公表した小中一貫教育の導入状況調査では、平成26年に実施した小中一貫教育等についての実態調査との比較も行った。小中一貫教育を実施している市町村で、成果を肯定的に捉えている割合は横ばいで、それぞれの教育課題は解消されつつある傾向がうかがえた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。