小中一貫校は併設型が大半 導入状況を調査

文科省は9月5日、小中一貫教育の導入状況調査を公表した。義務教育学校や併設型の小中一貫教育が増加する一方で、連携型はほとんど見られない状況が明らかとなった。また、各地での小中一貫教育の学校経営の形態が整理された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。