外国人児童生徒が日本語スピーチ 愛知県でコンテスト開催

愛知県はこのほど、名古屋市中区の同県図書館で、外国人児童生徒による日本語スピーチコンテストを開催した。多文化共生の社会づくりを進める一環で、県内に住む日本語を母語としない小学生55人、中学生24人から募集があり、15人が本選に出場。日本語によるスピーチを行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。