いじめ調査報告書を公表 新潟県が高2自殺受け

新潟県のいじめ防止対策等に関する委員会は、平成27年2月に同県の当時高校2年生の生徒が自殺した事案について、遺族からの要望を受け、このほど調査報告書を公表した。同報告書では、自殺した生徒が体育のマット運動で失敗した際、周囲の生徒が笑った行為をいじめに該当すると結論付けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。