英語の資格・検定試験の要件など協議 民間試験活用で

英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会は、第1回の会合を9月7日、文科省で開いた。これからの英語の4技能評価と大学入学者選抜を踏まえ、資格・検定試験の活用や体制の在り方などについて検討、協議した。委員からは、大学入学共通テストでの民間試験の活用にあたり、学習指導要領との整合性や、高校生の学習状況を考慮した評価、受験機会や費用負担への配慮などが意見として挙げられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。