日高教が概算要求に声明 現場の実態との乖離を指摘

文科省の平成30年度概算要求を巡り、日本高等学校教職員組合(日高教)はこのほど、書記長見解として声明を発表した。部活動指導員の配置に高校が想定されていないなど、概算要求の内容が高校現場の実態と乖離していると指摘。また機構・定員要求で盛り込まれた高校担当の参事官新設に期待を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。