高校の多様な学習支援を推進 遠隔教育やSSWを活用

文科省は、平成28年度の「多様な学習を支援する高等学校の推進事業」について、各地の事業成果をこのほど公表した。実践研究に取り組んでいるのは山形、神奈川、長野、徳島の各県教委など。青森県教委はICTを活用した遠隔教育、静岡県教委は単位制定時制高校のソーシャルワーカー支援体制について実践研究を進めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。