スマートスクール実証候補を決定 大阪市など5地域で

総務省の「スマート・スクール・プラットフォーム実証事業」と文科省の「次世代学校支援モデル構築事業」を行う実証地域候補が、9月7日に決定した。福島県新地町、東京都渋谷区、大阪市、奈良県奈良市、愛媛県西条市の5地域が選ばれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。