「授業は原則英語」方針 高校7割以上が実践しきれず

㈱イーオンは9月8日、「中高における英語教育実態調査2017」の結果を発表した。文科省による中高の英語授業運営における「授業は原則英語で行う」方針の実践について、高校では「半分未満」「あまりできていない」が合わせて7割を超えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。