北朝鮮対応で通知 学校安全計画など見直し求める

北朝鮮の弾道ミサイル落下の危険性を踏まえ、文科省は9月8日、学校安全計画や危機管理マニュアルなどの見直しを求める通知を、都道府県教委などに出した。各自治体の国民保護計画を参考に、学校内外の多様な状況を想定した対応を考え、全教職員の共通理解を図ることなどを求めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。