ICTを活用して国際交流 熊本県と台湾の小学生

熊本県は、同県大津町と台湾・高雄市の小学校をテレビ会議システムなどで結ぶ、「ICTつながる学校」の事業を10月5日から開始する。NTT西日本㈱、NTTコミュニケーションズ㈱との共同事業。異なる文化を持つ両校の児童がリアルタイムでの交流を通して、グローバルな感性の醸成を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。