大阪府初のオリパラ選手派遣事業 小学校で指導

大阪府は、東京2020参画プログラムとして、9月から新たに「オリンピアン・パラリンピアン派遣事業」を、同府内の小学校で実施している。2020年の東京五輪パラリンピックへの全国的な機運醸成と、子供たちのスポーツ愛好や五輪精神の理解などを視野に、児童は、オリンピック選手などから直接指導を受けたり、触れ合いを深める。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。