約6割が過労死ライン 岐阜の組合連が実態調査

岐阜県教職員組合連絡会議(組合連)はこのほど、県内の教職員を対象にした勤務実態調査の結果をまとめた。週あたりの時間外勤務時間が6時間増加、約6割の教職員が過労死ラインを超えている状況が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。