下水道の「見える化」 横浜の中学校が大臣賞を受賞

国交省はこのほど、平成29年度国土交通大臣賞(循環のみち下水道賞)表彰式を行った。同賞は下水道に関する優れた取り組みを表彰するもの。広報・教育部門を受賞した横浜市立舞岡中学校科学部は、市民科学による生物調査を通した下水道の「見える化」が高く評価された。同部門を中学校が受賞するのは初めて。また、同科学部は6月に、平成29年度地域環境保全功労者として環境大臣賞も受賞しており、2つの大臣賞受賞は全国初の快挙。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。