北海道公立小・中の副校長・教頭 7割が過労死ライン

北海道教委は9月11日、札幌市立を除く道内公立学校の教職員を対象に行った勤務実態調査の結果を公表した。北海道の公立小・中学校で働く副校長・教頭の約7割が、「過労死ライン」とされる月80時間を超える残業をしていたことが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。