教員の平均年齢が小・中で低下 教員統計調査の中間報告

文科省は9月14日、平成28年度の学校教員統計調査の一部をまとめ、中間報告として公表した。教員の平均年齢は、公立小学校で43.4歳、同中学校43.9歳で、平成25年度の前回調査と比べて低下。教員の採用者数は、公立小学校で1万8231人、同中学校1万544人、同高校5970人と前回調査より減少した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。