「子供の進路アドバイス欲しい」4割 山形県避難者調査

山形県はこのほど、今年度の避難者調査の結果を公表した。同調査は7月上旬から、東日本大震災により同県内で避難生活を送る725世帯に調査用紙を送付。176件の回答を集計した。今後も同県にとどまりたいと考える世帯が8割近くに上る中で、子供の進学先や進路に不安を感じ、アドバイスを求める親が4割以上存在した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。