中学生のスマホ フィルタリング利用はほぼ半数

MMD研究所は9月19日、「親と中学生に聞く初めてのスマートフォン利用の実態調査」の結果を発表した。有害サイトへのアクセスやアプリ使用を制限する「フィルタリング」を利用する中学生の割合は、ほぼ半数の48.5%だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。