学生評価にAI導入 教員の負担軽減で

近畿大学とTDCソフトウェアエンジニアリング㈱はこのほど、AIを用いてアクティブ・ラーニング(AL)での学生評価を支援し、教員の業務負担軽減を実現するための共同研究を開始した。教育の質的転換で増大傾向にある教員の負担を軽減し、学生により質の高い教育を提供するのがねらい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。