家庭科教員養成の改善を 日本学術会議が提言

日本学術会議は9月20日、「生きる力の更なる充実を目指した家庭科教育への提案」と題した提言を公表した。家庭科の教員養成において、専門分野の偏りや教職課程の設置制約などの問題点を指摘し、それらの改善策を提案した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。