進学資金や奨学金返済を助成 東京都足立区

東京都足立区の近藤やよい区長はこのほど、低所得者を中心に修学支援を大幅に強化するため、入学準備金や奨学金の返還を求めない新制度を創設すると発表した。

近藤区長は会見で、高校生らが大学などに進学する際の準備金として上限15万円、奨学金の返済金として上限100万円をそれぞれ助成する案を示した。どちらも返還の必要はない。

同区によると、同準備金を助成する制度の創設は全国で初めて。

同区はすでに奨学金制度を設けている。しかし、他の制度と併用できないため、金額面で有利な国や都の制度を利用する人が多い。また、保証人の確保や制度の複雑さが障害となり、利用を希望する人が減っていた。

こうした課題を踏まえ、区は現行制度を改善し、他の奨学金制度との併用を可能にするほか、国の制度を活用することで保証人の確保も求めないとした。低所得世帯は、成績要件もなくなる。

関連記事