高卒就職者の4割が3年以内に離職 厚労省調べ

厚労省はこのほど、平成26年3月に卒業した新規学卒就職者の、就職後3年以内の離職状況を取りまとめ、公表した。それによると、高卒の4割以上、大卒の3割以上が就職後3年以内に離職していた。いずれも前年から増加しており、新規学卒者の早期離職を防ぐ対策の強化が求められている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。