大阪市の小学校教員 児童434人分の個人情報紛失

大阪市教委は9月21日、同市立西淡路小学校の50歳代の女性教員が、児童434人の個人情報が入った外付けハードディスクを持ち出し、紛失していたと発表した。同市教委では個人情報の校外への持ち出しを禁じていて、「現在処分を検討中」としている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。