中学生の理科成績 自然科学専攻の教員が指導で向上

井上敦政策研究大学院大学専門職と田中隆一東京大学社会科学研究所教授はこのほど、自然科学を専攻した教員が理科を指導した場合、そうでない教員が指導した場合と比べて、中学生の理科の成績が向上するのを明らかにした。背景には、教科の内容をいかに「日常生活に結びつける」かの違いがあるという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。