奈良で地域連携体制調査 コーディネーター活用に課題

奈良県はこのほど、平成28年度の学校・地域パートナーシップ事業に関するアンケート結果をまとめ、公表した。地域と連携した教育活動には多面的な効果が認められたものの、学校と地域を仲介するコーディネーターの活用体制に課題が残った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。