出勤カードシステムを改修 都立校教員の在校時間把握へ

東京都が今年10月から、都立学校で教員の在校時間を記録する取り組みを始めることが分かった。9月26日の都議会定例会の代表質問で、都民ファーストの会の増子博樹都議が、教育現場における働き方改革への取り組みについて質問し、中井敬三都教育長が答弁で明かした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。