女子高生のお小遣いは月1万円未満 使い道は買い物

女子高校生を対象に実施した「お小遣い」に関する調査の結果を、㈱テスティーがこのほど発表した。約8割がお小遣いをもらっており、ほとんどが月1万円未満だった。

同調査は8月31日から9月4日までの期間にインターネットで、16歳から18歳までの女子高校生618人に実施。

お小遣いを「もらっている」は57.3%。「必要な時にもらっている」は22.8%で、約8割がもらっており、「もらっていない」は19.9%だった。

もらう頻度は、月に1回が91.0%。1カ月にもらう額は「3000~5000円未満」が最多で38.7%、次いで「5000~1万円未満」33.9%、「1000~3000円未満」19.8%だった。

アルバイト率も調査したところ、アルバイトしている女子高生は19.4%と2割を切った。

アルバイトしない理由は、「学校で禁止されている」56.6%のほか、「部活をやっているからできない」「勉強に集中したい」「親に禁止されている」などが挙がった。

また携帯電話代金について、スマートフォンを持っている女子高生の92.2%が「親に払ってもらっている」と回答。残り7.8%は「お小遣いから払っている、もしくは引かれている」と答えた。

お小遣いの使い道は、「買い物」が最多で39.2%、次いで「交際費」27.5%、「食費」14.3%だった。

「買い物」と答えた女子高生が買う物は、「服(ファッション用品)」27.3%、「本」22.2%、「コスメ」16.5%などだった。