子供のSOS聞く手紙 1万4092通届く

法務省は9月29日、「子どもの人権SOSミニレター」の平成28年度の受け取り数が、前年度比2731通減の1万4092通だったと発表した。同レターを端緒とする人権相談の受理件数は1万6845件で、学年別で最も多かったのは、小学3年生の2650件だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。