過労死遺族が要望書を手交 緊急提言の周知徹底を

全国過労死を考える家族の会(寺西笑子代表)は10月2日、「学校における働き方改革に係る緊急提言」に関する要望書を、高橋道和文科省初中局長に手渡した。同提言を実効性のあるものとするため、学校現場への周知徹底を図るとともに、教員や行政、保護者などの教育関係者が、一体となって働き方への意識を変えるよう求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。