子供の貧困率が改善傾向 内閣府が景気など分析

内閣府はこのほど、各種統計調査などから景気や労働環境などを分析した「日本経済の現状」を発表した。保育の受け皿が増加し、子供の貧困率も改善傾向にある状況が分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。