子供の貧困対策 Jリーグとフードバンクが連携

全国フードバンク推進協議会はこのほど、同協議会に加盟するフードバンクとJリーグサッカークラブ(Jリーグ)が連携して、フードドライブを開催すると発表した。サッカーの試合が開催される各地のスタジアムの一角にブースを設置し、観客から寄付を募る。フードドライブで集まった食品はフードバンク団体を通じて、子ども食堂、学習支援団体、児童養護施設、生活困窮世帯などに配布される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。