幼少期の体を動かす遊びの好き嫌い スポーツ習慣に関係

㈱ボーネルンドは10月3日、子供の頃の遊びへの意識と、成人後のスポーツ習慣の関係性についての調査結果を公表した。子供の頃、体を動かす遊びが好きだった人は、成人後もスポーツを行う頻度が高く、自身の運動能力も高いと感じている割合が多かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。