障害者への施策「知らない」7割超 内閣府世論調査

内閣府は10月2日、障害者に関する世論調査の結果を公表した。平成26年1月に日本が批准した「障害者権利条約」、28年4月に施行された「障害者差別解消法」を知っていたのは、それぞれ2割程度で、7割以上が「知らない」と回答。さらなる周知の必要性があると明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。