「どうせ無理」と4割申し込まず 保育施設利用調査

㈱野村総合研究所はこのほど、保育施設等の利用に関する調査結果を公表した。今年4月からの保育施設利用希望がかなわなかった子供の割合は、母親が就労の場合5.0%、母親が非就労の場合24.8%だった。また、利用希望がありながら申し込みをしなかった人の4割が、「どうせ無理だろうと諦めた」と回答していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。