英語を苦手に感じる理由 未成年と成人に差

「英語に苦手意識を感じるようになった理由」の結果
「英語に苦手意識を感じるようになった理由」の結果

㈱GMOリサーチがこのほど行った英語に関する意識調査で、成人と、15歳から19歳の未成年では、英語に対する苦手意識の内容や、英語を活用するモチベーションに違いがあるのが分かった。

同調査は、15歳から19歳までの男女(未成年)と、20歳から59歳までの男女(成人)、それぞれ5千人ずつの計1万人に、8月25日から9月22日の間にインターネット上で実施した。

英語の習得が重要だと思う割合は、「とてもそう思う」「ややそう思う」と答えた未成年の合計は82.9%。一方、成人は50.2%で、未成年と比べて30ポイント以上低い結果となった。特に成人は、「とてもそう思う」の数値が17.7%と低かった。

英語に対する意識について聞いたところ、未成年は「とても得意」6.4%、「やや得意」24.4%で、合わせて約3割が得意と答えた。しかし成人は「とても得意」3.2%、「やや得意」10.0%に留まった。また、「全く得意でない」と答えた割合も、未成年が21.3%に対して、成人が47.1%と、未成年の倍以上の開きが出た。

さらに、英語に苦手意識があるか尋ねたところ、「とてもある」「ややある」を合わせると、未成年62.4%、成人67.0%となり、未成年・成人共に6割超が英語に対して苦手意識を持っているのが分かった。

苦手と感じる理由(複数回答)では、「英語を使う機会がない」が未成年69.6%、成人89.5%で最も多かった。特に成人の回答が約9割と突出しており、利用シーンの少なさが苦手意識につながっていると考えられる。また、成人は聞き取りや発音といった、英会話に関する項目で苦手意識を感じている傾向にあった。一方、未成年では、「文法がわからない」66.1%、「単語が覚えられない」54.2%という回答も多かった。

現在、英語を生かしている場面(複数回答)は、未成年は「学校やスクールで学ぶ」が42.0%で最多。成人は「特になし」が67.3%だった。

英語を生かしたい場面(複数回答)は、未成年は「海外旅行」が42.9%で最多。「英語の曲を聴く」27.5%、「外国人の友人との交流」26.5%なども多く挙げられた。一方で、成人は「特になし」が55.5%となり、その他の項目も、未成年を下回る結果となった。