民間検定試験 事業者に向けたガイドライン公表

文科省は10月11日、民間検定試験の質や信頼性の維持・向上のため、検定事業者に向けた同試験の自己評価や第三者評価に関するガイドラインを公表した。ガイドラインの対象は、「受検者の学習成果を測り、一定の基準に照らして合格・不合格の決定や達成した水準の程度を示すもののうち、法令等に基づかず、民間の団体が実施するもの」を想定している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。