部活動中の体罰やパワハラ… 生徒遺族が改善願う

日本体育大学は10月13日、今年度の第2回「学校・部活動における重大事故・事件から学ぶ研修会」を、東京都世田谷区の同学で開いた。部活動の過密指導やパワハラなどで命を落としたり、自殺に追い込まれたりした生徒の遺族が登壇。遺族の視点から問題と改善を考えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。