学習評価と指導要録の議論スタート 教員負担も考慮

中教審初等中等教育分科会教育課程部会の、児童生徒の学習評価に関するワーキンググループは10月16日、初会合を文科省で開いた。次期学習指導要領を踏まえた児童生徒の学習評価の在り方や、指導要録の改善についての議論をスタートさせた。主査には市川伸一東京大学大学院教授が決まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。